願書の封筒にご注意を!

わが子の中受が終わっても 寒くなってくると
「あのときは 今ごろは ◯◯していたね。」
と つい思い出しては 子どもと大変だったと話しまいます。

その中で 今日は 願書についてです。

子どもが国立中に合格するまで 夫にもずっと内緒にしていました。
もちろん 子どもにも。

国立中の出願

国立中の出願は わが家の志望校はすべて学校へ直接 持参というかたちになっていました。

事務所で簡単にすむ場合もありますが
先生方がずらっと並ばれているなかで
手続きをする学校などがありました。

国立G中学(マルが通う中学)にて

寒い中 学校へ向かい 受付を済ませ 手続きのお部屋に足を踏み入れると

先生方が10人以上いらっしゃるではありませんか!
まさか保護者の様子で 合否が決まるとは思っていませんが
なんだか緊張しながら 願書を 先生方の前に差し出しました。

大失態

そのとたん 先生方が

「あっ!」

と大きな声をだされて 口があんぐり開いた状態に。

(゜ロ゜;←こんなお顔を。

そのお声で私は ふと差し出した願書に目を落とすと

な、な、なんと
ある私立中の願書封筒を差し出していたのです!

2秒間

ハッと 間違いに気がついて 私立中の願書を引っ込め
G中の願書を改めて
「申し訳ございません。こちら お願いいたします。」
と差し出しました。

先生方は何も おっしゃいませんでした。

この間 およそ2秒間での出来事でした。
もちろん 私は 顔色を変えずに シラッと切り抜けましたよ😅

同色の封筒

では なぜ私は こんな間違いをしてしまったのか?

私立は郵送で受け付けていただけるので 国立に先に出願してから
郵便局に行く予定で カバンに一緒に入れていました。

言い訳ですが 封筒のお色がそっくりで ほぼ同じだったのです。

念には念を

幸い 合否には影響がなかったようですが
入試の付き添いの間は 精神衛生上よくありませんでした。

1次の合格説明会のときには
出願のときに いらした先生方がお見えで 気が気ではありませんでした。

2次合格を聞いて やっとホッとしたのです。

みなさま 複数の願書を出されるときは
封筒を さらに別の袋に入れるなど工夫なさってくださいね(*´-`)

このような 書類入れがお役に立ちそうです。

念には念を!って 子どもに毎日言っているのに トホホな思い出です。

みなさまは しっかりされたお母様ばかりで こんなことはないと思いますが
何かの お役にたてれば幸いです。