ダブル教科の単元が好き!~わが家のにがて単元克服法~

算数と理科で同じような計算が必要な単元がありますよね?
さて なんでしょう?
マルはそのその単元が 好きらしいです!

好きなW(ダブル)単元!

読者のみなさまは すぐに 単元名が出たのではありませんか?

いろいろ有ると思いますが マルが好きな単元は
《水溶液》です。

算数の水溶液の計算と 理科の水溶液の計算が同じなので 1教科を理解すれば
W(ダブル)で わかってお得感にハマったみたいです。
W単元のWはネット用語の《笑い》ではありませんよ!
1単元を習得すれば2単元習得したようになるので
お得なW(ダブル)単元
とわが家でよんでます。

もともとは 苦手単元でした

水溶液の計算問題は はじめは苦手でした。
理科も算数も 得点できないので テストが散々です。

これを 徹底的に先生に質問して 類題を頂いて
しばらくこの単元の問題は毎日2週間
くらいしていました。

理科の水溶液単元がわかった!

まず 理科の水溶液単元ができるようになり
続いて 算数ができるようになりました。

水溶液の単元は 塾のテストや入試問題には ほぼ必ずというほど
どちらかの教科に出ることが多く 得点につながりました。

それで 自信をつけ テストのはじめにやってしまうようです。
時間が短縮できるし 安心して落ち着いて取り組めるようです。

得意単元から得意科目へ

このW単元効果は 大きく 理科は得意科目になり
数学は普通かそれ以上になりました。
苦手意識は もうありません。
苦手だったからこそ できたときのよろこびが倍増するのでしょう。
お子さまの苦手こそチャンスかもしれません。
《W単元》を ぜひ見つけてくださいね!