中受に役立つ《社会》のコツ5つ

最難関中学では 社会は選択科目になっている場合が多いので
はじめからしないご家庭が多いですね。
しかし 近年 ある最難関男子中学は 社会が選択科目に加わり しかも 社会を受けたほうが 合格しやすい傾向になっていました。


もしかしたら そういった中学が また増えないともいえませんし 近い将来には必要なので ぜひ 少しずつ取り組んでみてください。

算数や理科はできる理系のお子さまは
国語や社会が全く…という場合があるようで
わが家は 反対に国語社会は良くできたので どうしているのか 聞かれることが多かったので ご紹介します。

例えば こんな本を読んでいました。⬇

①歴史はひとまとまりで みわたす

こんな本をずっと見ていました。
⚪⚪時代ごとに1冊ずつ10巻くらいのマンガがありましたが 細かすぎて 覚えられませんし
読む時間がかかりすぎます。

また 社会の問題は 時代と時代の境目に 何をきっかけに 何かがおこり
その結果 次の時代へと移り変わりを取り上げて 出題されている
ので
巻がかわり 本を持ちかえている間に 気が散ってしまいます。

歴史全体を 大まかに把握して 大きな流れをつかみ
そこへ 細かいことを 付け加えていくイメージ
で学習させました。

一時 この本を 肌身はなさず 持ち歩いていたことがありました。

posted with カエレバ

②旅行は史跡巡りを

すると 金閣寺に行きたい 法隆寺だ 長崎のグラバー邸
名古屋城 大阪城 姫路城 熊本城などに連れていってと言うので
小学1年生の頃から 旅行は史跡巡りばかりでした。

③世界史は中学受験にいらない?

世界史は 出題されないと 油断していると
大変なめにあうことがあるかもしれません。

やはり ある年度に 急に出題傾向が変わり 世界史が必要な問題が突然出た ということがありました。
合格まちがいないと言われていたのに 社会が全く歯が立たず という年があったようです。

一般常識の範囲内でニュースで毎日言われていることの 歴史的背景などは 選択問題くらいは答えられる程度は
学習しておくと安心です。

posted with カエレバ

④テレビは ニュースを録画して時事問題に取り組む

ニュースを録画されたことが あるでしょうか?

時事問題用の本が毎年出ますが
やはり テレビのように詳しい説明や 興味をひく動画のほうが記憶に残ります。

これはと思うトピックは録画して 本と一緒に観てください。

入試に出題されるのは 約2年前の時事問題だったりします。
6年生だけでは トピックが漏れてしまうことがあるので
3、4年生から時事問題本を購入して備えてください。

また 法律が変わったりしたら 要注意ですね。

posted with カエレバ

⑤地図はテレビの前に貼る!

地図パズル➡地球儀 地図帳 と小さい頃から 遊ばせていました。


地図パズルは 100均の薄くて軽いパズルも買って
持ち歩き 車のナンバープレートと県名を探すゲームをしました。

子どもが座れるようになったら テレビの近くの壁に地図を張りました。
リビングはオシャレではなくなりますがガマン!

日本地図と世界地図2枚です。地球儀も近くに置きます。

お子さまと ニュースを見ていて 地名が出てきたら
どちらが先に 地図を指差せるか競争します。
ニュースをしっかり見ますし ゲーム感覚で楽しく覚えられます。

受験勉強と言っても いつかは学ぶことですし
日常生活にちなんだところから はじめてはいかがでしょうか?
「遠いむかしの出来事がなかったら 今の世の中はないよ。」
と思えば ワクワクしませんか?