《入試6日目》マルは 国立F中入試

いよいよ 国立F中の入試です。
塾では 私立向けの講座を受講していたので ほとんど対策ができていません。
家庭教師で国語と 個別で算数。
理科と社会は自宅で過去問を。

6年生のGWの2日間 面接を含めた対策講座を受講しただけです。

GWの国立対策講座
GWの国立対策講座
算数の成績が思うように上がらず 夏休み明けの志望校別の講座に必要な基準偏差値にあまり余裕がない状態です。
国立F中の入試 マル談

テスト:各教科 むつかしくはないが 記述欄が広くて
うめるのに 時間がかかったので 最後の方は きちんと できなかったかもしれない。

面接:みんな とても意欲的だった。司会役の子に話を振ってもらえず あまり話せなかった。
みんなそろって 同じような答えばかりだった。

出来は悪くないけど 記述がどれくらいできていればいいのか わからないので微妙。

発表は 国立G中の1次試験結果の後にあります。

私たちは私立E中へ向かいました

マルがこの試験中に 私たち夫婦は
私立E中の合格発表を見にE中まで移動します。

ここは急遽受験で 専願か併願かで 迷いました。
専願では 特待生になれなくても合格すれば 必ず入学しなければなりません
わが家は 経済的にムリです。
併願で合格して 特待生になれれば ベストです。
特待で合格できるかどうか?

《入試6日目》~親は 私立E中の合格発表へ~に続きます!

《入試6日目》親は 私立E中の合格発表へ
《入試6日目》親は 私立E中の合格発表へ
マルが 国立F中の校舎へと入って行くのを見届けると 私たち夫婦は 前日に受験した私立E中の 合...