《入試1日目 午後》私立B中

午前中に私立A中の入試を受け マルが 校舎から出てきました。
いろいろと聞きたいことがありましたし マルも 言いたいことがたくさんあるようでした。

しかし 午後からの私立B中の入試に間に合わせるために
駅まで 小走りに行かなくては 間に合わないので しゃべっている間がありません。
駅に 着いてから聞こうと思っていましたが
私たちと同じように 次の受験校に向かう受験生が多いようで
次の受験に集中したいと マルはテキストを取り出して勉強を始めました。

複数回入試の場合

1つの学校が複数回の入試を行う場合 一般的に 後になるほど むつかしくなり 偏差値が高くなります。
また 国数の2教科だったり 国理数3教科 または国数理社4教科と様々で
そのために 開始時間がかわったりするので 注意が必要です。

コースの選択

さらに コースを選択できる場合があります。英数選抜コース 選抜コースとか1類 2類など 各校独自のコースを設けられています。

その場合 1番 偏差値が高いコースを第一希望にしておくと 第2希望 第3希望のコースにまわし合格にしてもらえるということが多いようです。
マルは B中の1番偏差値の高いコースを選び 受験しました。
塾の志望校別テストでは いつもA判定でしたから。
試験時間が おそくお腹がすくだろうと 夫が待機して席取りをしておいてくれたcafeで 軽食をとり 会場へ向かいました。
cafeや駅前は受験生でいっぱいで 夫がいなければ 寒い中 ウロウロとお店を探さなくてはならなかったでしょう。

1日目の手応えは?

やっと 長かった1日が終わりました。
マルは 2つの学校の入試の手応えを 簡単に言うと 次の日の私立C中の過去問に手を伸ばしました。

私立A中:「とても緊張して算数が全然できなかったから たぶんダメだと思う。」

私立B中:「大体 できた。国語はかなりできた。算数もまあまあ。ここは大丈夫。」

マルは 表情が 少しかたいようですが 今度は とにかく 《2日目》の私立C中に集中するのみのようです。

《入試2日目》私立C中
《入試2日目》私立C中
試験が終わり 少し一息つきました。 駅前で甘いものを食べて ホッとしていると「やっぱり むつかしかったわ…