《入試1日目 午前》 私立A中

A中の最寄り駅は塾の基幹校で そこから 塾生は一緒に行くというのが恒例になっていましたが ゆっくり行きたかったので 別行動にしました。

私立A中の最寄り駅から たくさんの受験生に混じって 校舎へ向かいました。
途中 同じ塾のお友だちと偶然出会って合流しました。
みなさん とても賢そうで 寒さとあいまって 身が縮む思いがしました。

校門前では たくさんの塾の先生方が 生徒を見送っています。
本部には 直前講座だけで ほとんど通っていないので 顔を覚えてもらっていないため それもありませんでした。

校舎内には入れませんでした

受験生の保護者の待ち合い室が用意されていましたが
胸が一杯で 入れませんでした。
今まで マルにしてきたことは 親として十分だったのか?
もっと してやれたことがあったのではないか?と。
今 できることは 後ろ姿を見おくり 外で 祈りながら待つだけでした。

夫も仕事を休みフォロー

夫も 受験のフォローのために10日間も仕事を休みました。会社の1年の間に一度 まとめて休みをとれる制度を利用したのです。
夫は 午後からの 私立B中の時間調整で休めるよう B中の近くのカフェで場所取りを兼ねて 待機です。
午後からの私立B中の入試に続きます。

《入試1日目 午後》私立B中
《入試1日目 午後》私立B中
私たちと同じように 次の受験校に向かう受験生が多いようで 次の受験に集中したいと マルはテキストを…