どこで 勉強するか?~学習環境~

わが家は小学校お受験の頃から
今でもリビングで勉強させています。

なにも 言わずに設える


幼稚園に入る前から 日本地図 世界地図
などはリビングの壁に張っていました。
マルが 座ったときの目線の高さにです。

「これ なーに?」とマルが聞いてきたときに
はじめて
「地図よ」とだけ答えます。
マル「なにが 描いてるの?」と興味を示したときに 地図の役割を伝えます。
ニュースなどで地名が出てきたら 私は黙って
地図のとこまでいって
「へー ここが○○県ね。フムフム。」
と調べます。

するとマルも寄ってきて 一緒にみて楽しんでいました。

知育玩具は床の上に

地球儀や百玉算盤もリビングの角の床の上に置いておき いつでも触れるようにしていました。

歩き出したのが2才前なので よく床に座って遊んでいました。


特に 音声がでる地球儀は お気に入りでした。
タッチペンで操作すると いろんな国々の国歌
や人口まで聞けるのです。


床の上なので つまずかないように 角の方にお片付けすることが 習慣になりました。


地球儀などは 今はもちろん床の上ではなく 本棚の上にあります。

本棚はテレビの横に


今でも リビングで勉強しています。
本棚がテレビの横にあり 世界情勢などでわからないことは
地図帳や時事便覧などを サッと取り出して調べやすいです。
中学受験用の年度別の時事問題参考書は わかりやすいので 今も手放せません。

お客さまが おみえになるときは 和室にお通しして
ママ友がいらっしゃるときは リビングで本棚にカバーをかけてしのぎます。


寝室は2階ですが 寝具と 読み聞かせ用の簡単な本のみです。↓

暗誦の効果
暗誦の効果
幼稚園から小学校まで 絵本の読み聞かせと同じくらい 音読を楽しみました。