さらに共学の志望校が!

さらに自宅から近い共学の私立B中学の
文化祭に見学を兼ねて行ってみました。

そこはもとは男子校だったので 女子生徒が少ないです。
そのため 文化祭の模擬店や教室で催しものに
参加すると カッコイイ男子の先輩に
「キミ 何年生?4年生?絶対 ここへ入ってね!」
とあちこちで誘ってもらえて マルはまんざらでもなさそうです。

共学の魅力

このように近年 男子校が共学になる学校が増えてきました。

「私立共学のB中イイね~」とマルがつぶやきました。
最難関大学にたくさん合格を出すことで有名な中学校です。
しかし 偏差値はとっても『遠い』です!
もう 地平線の彼方と言ってもいいくらいです。
私は「がんばってみたら。(棒読み)」としか言いようがありません。
マルは「うん がんばる!」と無邪気な返事。

国立は専門の塾が有利?

国立も受けてみたら?と聞くと
「うん。」と言うもののあまり乗り気ではありません。
通っている大手塾では国立対策はあまりないので
「こちらは?」と私立中ばかりを勧められるのです。

国立専門の塾があるので
問題の傾向に沿った対策をしてくれるところに
転塾させたほうがいいのでは?と思っていました。

夫にそう伝えると 「今からなら もしかしたらB中学行けるかもしれない。
そのためには やはり大手進学塾じゃないと。それくらいの学力なら国立も大丈夫なはずだ。」と熱く語ります。

私立と国立とでは問題のパターンが全く違い
とにかく記述が多くて 時間内にするのはむつかしいはずです。

このときは そんなことや
合格したとしても私立に通えるの?
という言葉をおさえました。

父母の価値観の違い

家族の間での価値観の違いは
こういう時に 明るみになって
微妙な温度差が生じますね。