主治医の学校訪問

入学初日に先生とのお約束通り
後日 主治医が学校へみえました。

説明は30分ほど

教頭先生 学年主任 担任の先生 保健の先生など
都合のついた先生方が参加してくださり
30分ほど 話を聞いていただけました。
(校長先生と主治医の日程が合わなかったが
なるべく早いほうが安心ということで 不在です)

主治医の説明を 一通り聞かれた 先生方は
「それだけですか?
健康な子とほとんど変わらない対応ということですね?」
まあ 概ね そういうことです
と 主治医も笑っておられます

主治医のお言葉

主治医の先生をお見送りするときに
「とても いい感じの学校ですね!
私は こうして いろんな学校へ伺う機会がありますが
安心してあずけられますね
おかあさんも 心配しなくて 大丈夫ですよ」
とおっしゃいました

さらに
「もう しばらくは受験をせずにゆっくり 余裕をもって過ごせますね!」
と付け加えられました

私は うれしくて はい!と申し上げました。
声が弾んでいたと思います。

このとき まさか中学受験をすることになるとは
まったく思っていませんでした
(^-^;

大学受験までじっくりと

こちらの小学校でじっくりと基礎を学び
そのまま 中高と持ち上がっていって
大学受験まで 長いスパンで考えていました。

持病があり 体力がなく
体育では激しい運動ができないので
内申点できっと不利になるはずです。
それならば 内申点を加味されることがない
ときに受験しようと考えていたのです。

それなのに なぜ 中学受験をしたの?って
思われますよね。
それは また(’-’*)♪

*今日はイタリアンパセリを植えました。
*サラダ ピザやピラフなどに風味をそえてくれます。