おけいこごとは5つ

娘のおけいこ事は英会話 ピアノ 書道 そろばん 茶道をさせていました。
中学受験前にすべて やめてしまいましたが
おけいこ事を始める前に目標をはっきり決めておくことがポイントですね。

英会話

2歳半から NY出身のアメリカ人の個人宅の英会話教室に通わせていました。

大手の英会話スクールのクラスに体験に行きましたが
クラスの人数が多く 月単位のお月謝なので 欠席するともったいないので見おくりました。

個人宅の教室は 同い年の先生のお子さまと一緒にレッスンを受けられ
お月謝が1回分ごとでしたから
体があまり丈夫ではない娘には 都合がよかったのです。

同い年のネイティブの発音を聴いていたからか
中学生の今でも 発音はわるくないと思います。
私は 聞き取れないので たぶん いいのでしょう。

小学校の頃は イングリッシュコンテストの
校内選考には毎年通っていました。
暗誦は得意で 課題英文を英会話教室の先生に
ビデオを撮らせていただき自宅で毎日練習していたからでしょう。
また 娘の表現力がおおげさなところもインパクトがあったと思います。
しかし あと一歩で本選には出場できませんでした。

一方 個人教室ならではの問題がありました。
英検などを受けていないのです。
小学校に入ってジュニア英検を受けたところ
すんなり合格しましたので
ある程度の力はついていたようですが
1年生で普通の英検5級~3級を合格済のお友だちが 何名かいらっしゃいました。

また 中学現在の成績が とても良いとは言えません。

やはり英会話だけではなく
系統的に問題をこなす力が必要
小さい頃から進めるべきでした。
常に レベルを見極めるために
こまめに英検などのグレードテストを受けさせることは有効だと思います。

ピアノ

幼稚園年中からはじめたピアノは毎日練習していました。
はじめは個人宅で しばらくしてグレードテストのある大手音楽教室に通いました。

娘が家で練習していると 私も以前に習っていたので
つい口を出して ムリにさせたのがよくなかったようで
それほど 上達できず祖母にプレゼントされたピアノが宝のなんとやら状態でした。

体操教室

体育の授業で特に鉄棒ができないので
体操教室に行かせてみようと1ヶ月の体験に参加しました。

はじめは泣いて行くのをいやがりました
教室に入るとすんなり馴染んで とても気に入ったようです。

しかし やはり毎回 家に帰ると
晩ご飯のあと 体力不足でそのまま寝てしまい
学校の宿題が全然できないので 入会はあきらめました。
すると 行く前は泣いていやがったのに
「行きたいー!行かせて~~!宿題絶対にするから~~!」と号泣
していました。

書道

1年生からはじめた書道は 特選を1回だけいただきました。
書道がとても好きで
字が丁寧にかけるようになり喜んでいたのですが
進学塾で問題を解くスピードが要求されるようになると
あっという間に くずれてしまいました。

茶道

こちらは 毎週ではなく年に4、5回です。
ふだんは姿勢があまり良くないのですが
茶道のお点前は別人でピシッとできます。

中学受験のために見学をかねた文化祭にいくとすると
茶道のクラブ紹介のブースに1番にとんでいって
在校生のお点前をいただいていました。
こちらは細々とですが小学校卒業まで続けていました。

今は 部活と塾のみ

今は 学校の部活と塾がとっても楽しいようで
勉強が好きとおおっぴらに言えない世の中なので 娘は キライじゃないよ!と言っているようにみえます。
ただ 順位をつけられ親にいろいろ言われるのがイヤなのでしょう。

オリンピック選手が幼少からラケット握ってましたなどと言えば
すごい!カッコいい!とか
バレエ ピアノに打ち込んでいますといえば
ステキ!などと言われるように
お勉強もそうなればいいなと思います。

一所懸命に勉強する人を
ちょっとイジルような世間の風潮が残念です。
スポーツができない娘にとって選択肢は多くないのですから。

どんなことでも 教えていただく楽しさは なににもかえがたいですね。
小学校時代のおけいこ事がどのように実を結ぶのでしょうか?
楽しみにじっくり待つことにます!