お教室ナシでお受験費用総額~わが家の場合~

年中児夏~国立お受験までの期間で
お受験に直接関わる費用を
書き出してみました。
平均的家庭ですから かなりリーズナブルです!

総額25~30万円

〇子どもの問題集 約30~50冊 3万~5万円
〇関連本5冊くらい 1万円
〇受験用スーツなど 夫婦で12万円
〇子どもの受験用服+体操服 1万円
〇受験小物(手作り手提げバック2個、市販お受験スリッパ 子どもの髪飾りリボンなど)1万5千円、
〇私立受験料 約2万円
〇国立受験料 3千円
〇学校見学 説明会 願書入手 出願 受験当日の交通費
それぞれ当日の軽い食事代 願書家族写真代などその他もろもろ合わせて約5万円
合計約25~30万円くらいの出費でした。

さらに削るなら

さらに出費を削るとすればのシュミレーションをしてみました。

〇子どもの問題集 中古品を購入する
(無記入のものが出ていることがありますので、
お試しでさせてみることもできます) ●万円
〇関連本最低1冊 2000円 受験校選びに〇〇地方受験校情報本は必ず最新版を
これらの本は必ず最新の情報があった方が確実です。

〇受験用スーツなど 夫婦であるもので間に合わせる 0円
〇子どもの受験用服、体操服 あるものを着せる 0円
〇受験小物(手提げバック、スリッパなど)あるものを使う0円、
特に国立は家庭で使っているスリッパを持参される方もみられます。
校風が質実剛健ですから。
〇私立受験料 2万円
〇国立受験料 約3000円
〇学校見学、願書入手、出願、受験当日の交通費
食事などその他もろもろ合わせて◆万円
これらは、それぞれのご家庭の受験校までの距離により変わりますね。

ご家庭により
●+(私立+国立)+◆=お受験費用が最低費用額となります。
私立1校または国立1校のどちらかのみ受験される場合は
さらに さがりますね。

ご家族でよく話し合って

はじめは 費用をおさえようと思っていたのに
子どもの成績を見て
どんどん増えていくということが
考えられますので
家族でよく話し合って 決めてください。
まだまだ 中学 高校 大学 院 いくらでも出費が待ち受けます。

ただ、費用面はとても大事ですが
お子さまの試験に差しさわりがでないようにしたいですね。

ご縁があっても そうでなくても
お子さまが 得た知識と家族で取り組んだ時間は
長い目で見れば プラスレスです(*^_^*)

お金にまつわる画像ということで思い出して
引っ張り出しました。
ユーロにかわる以前のフランス50フラン紙幣
星の王子さまの図柄がかわいい!
ヘビが象をのみこんだ図柄はラメ入りキラキラしています!