国立小学校受験 当日~控え室から手を…~

国立は人気で 倍率が…
人数の多さに圧倒されます

最寄り駅から

まず 駅を降りて
これは何の行進ですか?と聞きたくなるほど
お母さまと子どもたちが整然と
学校に向かって静かに歩いておられます。

門の前で 並んで待っていた先発組の
おそらくお父様がいるところに並ぶ方が多かったです。

広い運動場に入ったあと
受験番号順に並んで また 待ちます。
人数が多いので 体育館にさえ入れていただけません。
お受験スーツとコートでは
寒さが身に凍みます

控え室でお勉強

やっと 校舎の教室に入り
控え室に親子ともに席に着いて順番を待ちます。

待っている間、私たち親子は折り紙をしていました。
前の席にいる 髪をキレイに編み込みをした女の子とお母さまは
世界の国々の国旗カードをみながら、
国名、首都をスラスラと答えていました。
圧倒されました。
こんなに賢い子どもがいるのだと、
ビックリしました。
周りの親子も似たような感じで、
やはりみなさん教育熱心なのが
よく分かりました。

窓際で手をふる保護者は

いよいよ 試験や面接のために別室に向かうため、
教室前の廊下に在校生が受験生を並ばせています。

そして 試験会場へ向かうとき
お母さまたちが 教室の中から
廊下側の窓際によって 窓越しに
わが子に控えめに 手を振っている方が
たくさんいらっしゃいました。

その子どもたちも 母親に向かって手を振っています。
それでも、列が動き出す前に収まる程度で、
声を出したりすることはありませんでした。

私は、窓際の席だったので
その様子を見て子どもの顔を確認するために腰を上げてチラッと見ました。

しばらくして、お手洗いに立ったとき
しまった!と気づきました。

隣の教室は

となりの教室から子どもたちが出てくるところでした。
子どもたちが 廊下にキチンと並び
別室に向かうために 列が動き始めました。

しかし、誰ひとりとして
教室の中から窓にくっついて
廊下の子どもたちを
見てはいません。

みなさん、席に着いて本を読んでいらっしゃるのです。

私がいた教室と全然違います。

塾ごとに願書をまとめて出しているのかどうか
わかりませんが、
明らかに、何かが違います。
塾に行っているか いないか なのでしょう。
塾に通っていない受験生が集められていたのでしょうか?
いまだに 謎です。

私たち親子が 他にも失礼なふるまいを
していたかもしれないと
今でも 申し訳なく思い出します。

やはり 体調をみながら ほんの少しでも
お教室に通っていればよかったと思いました。